地方創生は古い建築物を見直せ

地方創生は古い建築物を見直せ

文 岡田良子

   

地方創生は古い建築物を見直せ

随分前の話ではありますが、以前勤めていた福岡の事務所から、古い建物を所有している方から今後の活用などを含めて、提案して欲しいと言われているので、手伝ってもらえないかという依頼がありました。その建物は、福岡の戦火を耐えた古い木造の住宅で、登録有形文化財として十分に残せるものと判断しましたが、個人住宅の登録有形文化財がまだまだ少なかった福岡では、京都のようにうまくことが進まず、建物はレストランとして残ったものの、今後継続して残せるか少し疑問が残る終わり方をして、反省したことがあります。
京都では、町家の再生や継承を官民一体となって取り組むことにより、京都の街並みの保全や文化と社会性、経済性などと抱き合わせて、人を呼び込むことができる要素となることが実証されています。しかし、それ以外の地方都市では、古い建築物を残す際、建物の歴史的価値が軽視されたり、経済性であっさりと語られてしまうことが多いのも実情です。
「建築基準法以前に建った住宅はみんな町家」
この話を県外の人にすると、みなさん大層、関心されて驚かれます。残すこと前提に、京都が町家をそう定義づけたことは、改めて画期的に思いますし、すでに日本もヨーロッパのような改修の時代が到来しているのかもしれません。

(京都府建築士会 京都だより2022年6月号掲載)

地方創生は古い建築物を見直せ
「古いから」という理由で壊してはいけない―福島県の復興を担ってきた建築家が示す、
伝統ある建築物の可能性とその活用法

地方創生は古い建築物を見直せ

DATA

著者:鈴木勇人

発行:幻冬舎

定価:1,980円(税込)

TAG:   

Share on

NEW BOOKS

ACCESS & INFORMATION

大喜書店
大喜書店
大喜書店
建築家のための本屋さん

大喜書店

大喜書店は今日 2024 / 6 / 13 は openしています
5、6、12、18、19、26日はお休みです

TEL.075-353-7169

http://daikibookstore.com/

平日 12:00~18:30 
土日祝 11:00~18:30
定休日は毎週水曜日です(不定休)

600-8059
京都市下京区麩屋町五条上ル下鱗形町563番2
Jimukino-Ueda Bld.302

建築設計事務所 Spaceclipと併設しています

京都市営地下鉄「五条駅」下車 徒歩5分)
京阪電車「清水五条駅」下車 徒歩3分)

View on Google Map →

CONTACT

Space Clipへのご相談や、お問い合わせは、フォームからご連絡ください。