茶の本

茶の本

文 岡田良子

  

茶の本

コロナで困ったことといえば、休みの日に通っているお茶の稽古がめっきり減ってしまったこと。免状も最終段階に入り、余生の楽しみのため、今年から本腰をいれて稽古をしようと思った矢先に、オミクロンでまた中止。茶道関係のイベントもことごとく中止で、不要不急の習い事とはいえ、これだけ日があいてしまうと、果たして再開時にはどれだけ、体が覚えているのか不安に思います。
仕事だけの毎日で、人とも会食する機会もめっきりと減り、そんな生活もさほど支障は無いなと思う一方、人との繋がりの希薄化に慣れてしまうことにも不安を感じます。
コロナの感染も高止まりで、蔓防が延長になりそれも不安、北京オリンピックが終わって早々、ロシアがウクライナに軍事侵攻して、それも不安。私はいたって健康で元気ですが、世の中の雰囲気が悪くてしょうがありません。
そんな中、ちょっとだけ明るい話題がありました。以前勤めていたスタッフが、女の子を出産し、今いるスタッフも五月に第二子を出産します。実家の父がバジルを植えたとか、知人のお子さんが高校を合格したとか、小さな吉報をもらうと少しほっこりします。
なんてことのない春らしい話題に、少しでも明るい兆しを感じたいなと思うのです。

(京都府建築士会 京都だより2022年4月号掲載)

茶の本   
日本の美の心を茶道の美意識から説き起こして、世界に衝撃を与えた名著の初の。ビジュアルブック化。大川裕弘氏の美しい写真と共に、その世界観が味わえます。

茶の本

DATA

著者:岡倉天心 訳/村岡博 写真/大川裕弘

発行:パイインターナショナル

定価:2,200円(税込)

TAG:  

Share on

NEW BOOKS

ACCESS & INFORMATION

大喜書店
大喜書店
大喜書店
建築家のための本屋さん

大喜書店

大喜書店は今日 2024 / 4 / 16 は closeしています
2、3、10、16、17、24日はお休みです

TEL.075-353-7169

http://daikibookstore.com/

平日 12:00~18:30 
土日祝 11:00~18:30
定休日は毎週水曜日です(不定休)

600-8059
京都市下京区麩屋町五条上ル下鱗形町563番2
Jimukino-Ueda Bld.302

建築設計事務所 Spaceclipと併設しています

京都市営地下鉄「五条駅」下車 徒歩5分)
京阪電車「清水五条駅」下車 徒歩3分)

View on Google Map →

CONTACT

Space Clipへのご相談や、お問い合わせは、フォームからご連絡ください。