珈琲の表現

珈琲の表現

文 岡田良子

  

珈琲の表現

朝、事務所に出社してから珈琲を二杯飲むのが私の日課です。仕事を始めてから、ずっとこの習慣が抜け切らず、飲み過ぎて胃が痛くなろうとも、医者から控えたほうがいいと言われようとも、この二杯を飲まないと一日中が始まりません。最初は飲めたら良いと思っていた珈琲もここ数年は進化をとげています。珈琲に関しては男性のほうが熱中する傾向にあるようで、今まで夫が主導で事務所ではいくつかのコーヒーメーカーを試行錯誤しながら使ってきました。生豆から焙煎してくれるコーヒーメーカーや、クラシックなハンドドリップに戻ったり、ここ数年は、無印のコーヒーメーカーがなかなかの優れものだと判明して、事務所にきたお客様には高評価をいただいています。焙煎したても豆の入手先も落ち着き、やっと定番の方法が見つかったと思いきや、ここ最近何やらまた、珈琲の迷走の時期に突入したようで、ハンドドリップ式でフィルタを色々と変えてみたりと朝の実験が続いています。慌ただしい時間の中で、じっくり時間をかけて淹れる珈琲は少し贅沢な気がしますが、書店でたまたま仕入れていた「珈琲の表現」という本を手に取ってみると、冒頭にこんな言葉がありました。
「珈琲は、生きていく上でかならずしも必要なものというわけではありません。しかし、人間らしく、豊かに生きるためにはとても大切な嗜好品だと思います。」
人の感情に寄り添うように、手間暇をかけて丁寧に時間をかけて作業することで一杯の美味しい珈琲につながる。この本を読んでいて、珈琲は建築と似ているなと感じました。

(京都府建築士会 京都だより2022年1月号掲載)

珈琲の表現
いわゆる「珈琲の入門書」ではありません誰かが決めたレシピをなぞるだけでは、あまりに味気ない。一息つきたい時、ぱっと明るい気分の時など、その時々の感情に合わせた一杯、そして、大切な人に振る舞う一杯を、自在に表現するための「淹れ方」に特化した本です。

珈琲の表現
珈琲の表現

DATA

著者:蕪木祐介

発行:雷鳥社

定価:1,760円(税込)

TAG:  

Share on

NEW BOOKS

ACCESS & INFORMATION

大喜書店
大喜書店
大喜書店
建築家のための本屋さん

大喜書店

大喜書店は今日 2023 / 1 / 28 は openしています
1、2、3、4、11、17、18、21、25日はお休みです

TEL.075-353-7169

http://daikibookstore.com/

平日 12:00~18:30 
土日祝 11:00~18:30
定休日は毎週水曜日です(不定休)

600-8059
京都市下京区麩屋町五条上ル下鱗形町563番2
Jimukino-Ueda Bld.302

建築設計事務所 Spaceclipと併設しています

京都市営地下鉄「五条駅」下車 徒歩5分)
京阪電車「清水五条駅」下車 徒歩3分)

View on Google Map →

CONTACT

Space Clipへのご相談や、お問い合わせは、フォームからご連絡ください。